4.育毛シャンプーはどれがいいのでしょうか?

髪のケアを始めるために、育毛シャンプーを使ってみたいと考える方も多いことでしょう。いったい育毛シャンプーはどれがいいのでしょうか?育毛シャンプーと、多く市販されているシャンプーとの違いは、ひとつにはアルコール系の界面活性剤が含まれているかどうかです。それから石油系の洗浄成分も含まれていることが多いので、まずはそこに注意してみましょう。アルコール系の界面活性剤や石油系の洗浄成分は、洗浄力が強いこととコストが低いのが特徴です。洗浄力が強すぎると頭皮の乾燥の原因となることから、フケやかゆみや炎症を引き起こす可能性が高まります。

それからシリコンを含むシャンプーも要注意です。シリコンは髪の表面にコーティングされることで、髪のツヤを出してくれます。しかしその半面、ダメージの抜けないまま髪をコーティングしてしまうことになるため、結果的に髪を傷めてしまったり、髪のコシを減少させてしまうケースもあるのです。シリコンは頭皮にも付着してしまうため、毛穴をふさいでしまいます。その結果フケやかゆみや炎症などのトラブルの要因にもなってしまうのです。

そしてシリコンを含んでいないからといってもまだまだ油断はできません。シリコンよりも強力なコーティング剤が含まれている場合もあるためです。やはり天然成分を主に作られた無添加の育毛シャンプーを選ぶのが髪のケアをするためには一番良いのではないでしょうか。アミノ酸系の洗浄成分が髪や地肌に優しく汚れを落としてくれるでしょう。



詳しい情報はこちら